多くの人達が金融機関に申し込みをしてそれぞれの目的を果たしたりピンチをしのいでいると思いますが、傷害のある人の場合はどうなのか考えたことのある人っていますか?
障害を患っているからローン会社を利用出来ないと言う事はなく、条件をクリアしていれば問題なく申し込みが可能です。
ただ、その患っている傷害の重度さにより若干異なってきますので、事前に調べておかれるのが良いと思います。
掲載されていないこともありますので、電話などで質問してみるのが良いかもしれません。


ローン会社は契約書を理解することが大事

障害を抱えている方が金融会社を利用できるのかどうかと言う事は、契約書を自分の目で理解できるかが問題になります。
何かの障害を抱えていたとしてもきちんと自分の目で契約書に目を通し、返済能力があるのならローン会社に申し込み可能です。
ですが、盲目の人の場合は第三者が契約書を自分で契約書を確認できないため、ローン会社の利用は出来ないことになっています。
基本的には自分で確認し理解することが重要なので、重度の障害をお持ちでない限りでしたら問題ないかと思います。


生活保護者はどうですか?

近年では生活保護を受けている人も多くなってきていますが、保護を受けている人は申し込みが不可です。
生活していく為に受給しているわけですから、そのお金を返済に充てることは禁止されており、不正が見つかった際には打ち切られることもあります。
どうしてもお金が必要な場合は、専門部署に相談するようにして下さい。